スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろ博物館

P3120076.jpgP3120079.jpgP3120093.jpg


P3120080.jpgP3120085.jpgP3120094.jpg



旅行中に寄った岐阜県内の博石館・・・二つほどありますがどこだったか忘れました><

その石の展示しているところに行って、他の先輩や同輩の人達からの一言・・・・

左上の写真・・・「藍晶石がTourmalineか・・・・^^;カイヤナイト・・・
真ん中上の写真・・・「エメラルドがコランダムグループって・・・^^;ベリルだし・・・
右上の写真・・・「日本式双晶とは84℃でできるんだね~「°」の間違いだし・・・
左下の写真・・・「ウォーターメロンがガーネットグループって・・・^^;トルマリンだし・・・
真ん中下の写真・・・「鉄水晶が赤鉄鉱!!!
右下の写真・・・「ガーネットグループのヘソナイトが・・・^^;


1つ確認したいこと・・・・

博物館ですよね???

実際、僕は見て気づきません^^;
知識無いもので・・・でも先輩や同輩の方々はかなり詳しいのでその辺の区別が付きます。
でも、流石にこれらの間違いは、よく考えると気づくものです><
これで入館料800円ってぼったくりもいいところです!!!

他にも照明が当たっていなくて見難いとか、絵の陰になって実際の石が見られないとかという問題があり、同輩の方はついに切れました

不備をメモしてメールを送ったそうです。二年前にも先輩が忠告したそうですが直っていなかったそうです^^;
さてさて直されるのかどうか・・・・
 ちなみに「博石館」でGoogle検索するとTOPに来ます^^;
 なんか評判を落としそうですが、良いのでしょうか??
 ただ、こちらはお金を払っている身なので苦情があっても当然といえば当然・・・・「ブログ」上に書き込むことか?と言われればそれまでなのですが、実際石の展示している所には係員すらおらず、不備だらけでしたので、書き込みました><

 僕なんかは知識が無いので偉そうにいえないのですが・・・
 滅多に怒らない友人が怒っていた(僕の印象で)ので、専門の人から見るとかなりいい加減なんでしょうね・・・・^^;

テーマ : いろんな写真
ジャンル : 写真

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤鉄鉱赤鉄鉱(せきてっこう、hematite(米)・haematite(英)、ヘマタイト)は、酸化鉄(III)(Fe2O3)の鉱物である。鉱石はときどき少量の二酸化チタンを含有する。装飾品として加工されるときには、しばしばブラックダイヤモンドとも呼ばれる。赤鉄鉱はとてもありふれた

コメント

ついでに言うと、他の博物館でもちょっとしたミスがあります。
すごい簡単な間違いが1つ・・・

展示物の説明で、「・・・発見されたのは初めてです。」という文章・・・こんな感じだったと思いますが、微妙です^^;
しかし、実際書かれているのは・・・・

「・・・発見されたのは始めてです。」



おい、博物館だろ!?

その時小学生の団体さんもいたが、それで良いのか、運営者!?
と、思ってしまいました。(^ ^;)

博物館ってこんなにいい加減なのでしょうか?それとも人員削減? しっかりやって欲しいものです。仮にもお金を取っているのですから・・・・

反面教師なんやて。(-_-)

ハァ~~~~~~~~。今年も3月病が発病だよ。いきなり気力0。
静岡行かんかもな~。今からv-275でも買いに行くか

電子回路の専門書お薦めのものを教えて^^;

駄目だよ、静岡に来てよ!!!強制だからね~~><
酒もほどほどにね♪

私も回路のいい本あったら教えてください。
今日助手の方から「回路が組める・プログラムが書ける」の能力がないと就職できないと言われました。v-40

そ、そんな・・・・
それは無いでしょ・・・・あ、でも大学院出ている人はそうかも・・・・・-。-;
非公開コメント
プロフィール

touch

Author:touch
趣味:写真、テニス
 
カメラ:CANON EOS 7s/6D
広角:EF35mm, F2
魚眼:EF15mm, F2.8
マクロ:EF50mm, F2.5
単焦点:EF135mm,F2.0L
望遠:EF100-400mm, F4.5-5.6
   EF28-80mm, F3.5-5.6
     
デジカメ:RICOH GXR
S10 24-72mm F2.5-4.4VC
P10 28-300mm F3.5-5.6 VC
A16 24-85mm F3.5-5.5

最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ


このブログに掲載されている全ての画像を無断で使用することを禁じます。『気儘な人の写真館』も同様です。
もし何かありましたらご連絡ください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。